ナチュラル クリーニングで大掃除

ナチュラル クリーニングで大掃除

ナチュラル クリーニングを知って脱合成洗剤をしてみませんか?
エコ掃除とも呼ばれるナチュラル クリーニングでは、重曹、クエン酸、お酢、石鹸、炭酸水など身近にある自然素材を用いて汚れを落とす掃除法です。

ナチュラル クリーニングに使うアイテム

ナチュラル クリーニングでは、汚れの種類にあわせてアイテムを選びます。汚れは大きくわけて3種類。油汚れ、水垢汚れ、埃よごれの3種類とそれらの複合汚れと考えて、汚れの質を見極めることになります。汚れを化学的に中和させることがナチュラル クリーニングのポイントとなります。つまり酸性の汚れに対してはアルカリ性の重曹か石鹸で掃除、アルカリ性の汚れには、酸性であるお酢やクエン酸などで掃除することになります。

ナチュラル クリーニングに使うアイテムは重曹、お酢やクエン酸、石鹸、ハッカ油やエッセンシャルオイルを使います。どれも身近にある安心素材ですのでアレルギーの心配なお子さんやペットのいる家庭では、脱合成洗剤というわけで安心して使えるところが魅力です。

油汚れには重曹や石鹸

重曹でナチュラルクリーニング 重曹=炭酸水素ナトリウムのことで、天然のミネラルである重曹は昔から野菜のあく抜きやお掃除などで利用されています。
重曹は弱アルカリ性ですので、油汚れを落とすのに効果があり、また研磨作用もありますので、クレンザーの働きもあります。
消臭効果もありますので、ペットの臭いとりにも使うことができます。

重曹の使い方

重曹はそのまま粉の状態で使う時と、少し水を加えてペースト状にして使う時と、重曹水にして使う3つのパターンがあります。
粉の状態で使う時は、私はふりかけの空き瓶に入れて直接ふりかけるようにしています。ガス台の油汚れには直接ふりかけて、濡らしたスポンジでこするだけでピカピカ。シンクのくもりも同様にしています。鍋のこびりつきやなべ底を磨く時にもこの方法です。茶渋やコーヒーの輪ジミにもこの方法で。とりあえずキッチンの汚れはこまめに重曹でやっつけることです。

重曹ペーストにする時は、重曹2対水1の割合でペースト状にして、使い古しの歯ブラシなどを使います。 サッシの掃除や、タイルのカビとりなど頑固な汚れの時にはペースト状で対処します。

水垢汚れにはお酢やクエン酸

水垢汚れにはお酢やクエン酸 お酢やクエン酸は酸性ですので、アルカリ性の汚れを中和する働きがありますので、水周りのお掃除に効果的です。
アルカリ性の汚れと言うのは、水垢や石鹸カスですので、お風呂、洗面所、トイレ、キッチンのシンクの汚れを落とす時に使います。
お酢を使うと、あのにおいが気になるという方は、クエン酸の方がいいでしょう。クエン酸は無臭ですので、使いやすいと思います。

お酢やクエン酸の使い方

お酢やクエン酸を使う時には、スプレーボトルを用意します。最近では100円ショップでもお洒落なスプレーがありますので、それを使用しています。
キッチンシンクなど、油汚れを重曹や石鹸で落とした後に、クエン酸水をスプレーして、水分をふき取るとすっきりしあがります。
電気ポットや食器洗浄機にはクエン酸を50g程度入れて、通常運転します。ポットのカルキ汚れは1度で落ちないことが多いので、何度か繰り返すときれいに落ちます。 窓ガラスや、家具、壁の拭き掃除にもクエン酸水をスプレーして掃除しています。
バスルームや洗面所では、蛇口の水垢とりにクエン酸水をスプレーして使い古しの歯ブラシでこすって水で流すとピカピカになります。

ナチュラル クリーニングのコツ

ナチュラル クリーニングで大掃除といっても、頑固な汚れにしてしまっては、これらのエコグッズで落とす事はなかなか大変なものです。日頃汚れをためないように、こまめに汚れを落とす事が肝心です。地球にやさしいナチュラル クリーニングはお子さまやペットのアレルギーにお困りの方にもオススメしたいお掃除方法です。

ナチュラル クリーニングで大掃除
ナチュラル クリーニングを始める前は、年末になると大掃除グッズを買いに行く事から始めていましたが、今では日頃の掃除と同じ感覚でとっても楽になりました。こまめに掃除をすること、汚れをためないというのが身に付いてきたのであまり苦労することなくお掃除を楽しめるようになったからかもしれません。
お気に入りの本

ナチュラル・クリーニング
ナチュラル クリーニング通販
本日のニュース
2月28日 19:32