キーマカレー レシピ

キーマカレー ブーム

キーマカレーはひき肉を使ったカレーとしてインドの代表的なカレー。
最近はインド料理店が都会を中心に増加していますが、その影響かキーマカレーが一般的になり、今年の夏はブームの兆しがあります。

キーマカレーとは

キーマカレーはたまねぎやニンジンなどの野菜をみじん切り、またはあられ切りにしたものとひき肉を炒めて、カレー粉などの香辛料と調味料を加えて少量の水で煮込みます。水は少量で、スープ状にはしない、以前から日本でも人気のドライカレーとちょっと似ていますが、キーマカレーの方がもう少し水分の多い感じです。

キーマカレー レシピ

キーマカレーには、中に入れる具材によってバリエーションも豊富ですが、鶏肉とトマトを使った本格派キーマカレーのレシピをご紹介します。

本格派 キーマカレー レシピ

   

キーマカレー 材料 本格派 キーマカレー レシピ

  • ひき肉 300g
  • たまねぎ 100g
  • トマト 200g
  • じゃがいも 200g
  • にんにく 30g
  • しょうが 50g
  • バター 30g
  • 水 700cc
  • スパイス各種

  

ひき肉は豚でも鶏でも合挽きでもお好みで選びます。トマトとたまねぎはみじん切りにして、じゃがいもはさいころ切り、しょうがとにんにくは細かくみじん切りにしておきます。
バターを焦がさないよに鍋にいれ、にんにくとしょうがも焦がさないように香りを出します。たまねぎのみじん切りを加えて透き通るようになるまでじっくりといため、トマトも加えて炒めます。
お好みのスパイス(カイエン・ターメリック・パプリカなど)を加えて手早く混ぜ合わせ、すぐにじゃがいもを加え軽く炒めます。
ひき肉を加えて炒めます。半分火が通ったら、水を加えて強火で30分ほど煮込みます。火を止める寸前にがラムマサラを加えます。煮込んでいる最中は、かき混ぜる必要はありませんので、夏の台所でも楽チンです。煮込み時間は、長すぎると肉が硬くなり、短いと味にコクがでませんので、味見をしてタイミングをつかんで下さい。

材料を刻んで用意したら、後は順番に炒めるだけ。煮込む時は強火がポイントで、火力が弱いと分離してしまうので注意してください。途中でかき混ぜる必要はありません。

キーマカレーをアレンジ

キーマカレーをオムレツにかけたり、ご飯とキーマカレーを混ぜてドライカレーにしたり、アレンジは無限にあります。
上記のレシピの材料に、豆類やナスを加えたり、お好きな材料で作れるところもキーマカレーの魅力です。

キーマカレーのアレンジ料理

キーマカレーのアレンジ料理

キーマカレーとハワイ料理のロコモコを組み合わせた「カレーロコモコ」。新宿にある「からかうあ」というインド料理店で人気の料理です。
オムレツとキーマカレーを組み合わせた「キーマオムレットライス」。調布にある「かれんど」での人気料理。1日限定50食で、これを食べるために、遠くから足を運ぶお客様も多いそうです。

キーマカレー ブームを解説
キーマカレーにブームの兆し。インドカレーの中でもキーマカレーは代表的なカレーですが、ガス台の前にいなくてもいいので、夏でも簡単に作れるところもいいですね。
本日のニュース
2月28日 19:32