じぶん銀行

じぶん銀行ってなに?

じぶん銀行というのが出来たとラジオで聞いて、興味があってしれべてみました。じぶん銀行って…なに?から始まった私の疑問。皆さんもおなじようにどんな銀行なのさ!というお気持ちが解消すれば幸いです。

じぶん銀行とは

じぶん銀行って面白いネーミングですよね。気になって調べました。 携帯は長年auを使っていますし、三菱東京UFJ銀行もメインバンクですので興味があったんですよね。
じぶん銀行の株主はKDDIと三菱東京UFJ銀行で、株式保有比率は50%ずつだそうです。

じぶん銀行の特徴

じぶん銀行は通常の銀行とは違ったサービスが用意されているようです。 というのも、携帯電話やパソコン、音声通話という3つのチャネルで24時間サービスを提供されています。 最初の段階では、円による預金(普通預金・定期預金)と振込などの決済サービスが用意されていますが、今後サービスの展開が計画されています。今後の予定では順次、外貨預金やカードローン、金融商品の仲介、保険取り扱いなどを行なっていくそうです。

auユーザー向けに対しては、携帯電話ならではのサービスが提供されるという話ですがまだ連絡が来ないので詳細はわかりません。サービス開始時期は7月中旬になる予定ですので、わかり次第アップしようと思います。

じぶん銀行はauユーザーのための銀行?

じぶん銀行は当初は預金口座と決済という他の銀行となんらかわりのないサービスになりますが、auユーザーには、特典とも言える機能が用意されています。

じぶん銀行のケータイ番号振込

振込先の指定に相手の携帯電話番号を使える機能が使えます。

じぶん銀行で携帯電話通帳

ネット銀行の特徴として、いわゆる預金通帳なるものは、存在しないという点では、イーバンク銀行や、ネットバンク、セブン銀行など各行の特徴となりますが、じぶん銀行では、携帯電話本体に最大300項目程度まで記録できるという入出金の明細管理や、月間の入出金を管理する月次収支、グラフ表示する残高推移機能などが利用できるのが最大の特徴でしょう。
パソコンがなくても、携帯でネット銀行を簡単に利用できる…ということでいいのかな。

じぶん銀行取引先との手数料が無料

個人ユーザーに限定されますが、じぶん銀行内やじぶん銀行と三菱東京UFJ銀行との間での振込手数料は無料となります。これはとっても大きなポイントではないでしょうか。イーバンク銀行がATMの入出金サービスを有料化するなど、ネット銀行のサービス競争に逆行動とも言えるサービス低下をしたのは記憶に新しいところです。ジャパンネットバンク銀行は、毎月一定の振込みがないと、口座維持手数料が引かれるというのも、個人ユーザーには痛いところでした。
三菱東京UFJ銀行への振込みが無料というのは、かなり有利なポイントかと思います。

auだけではなく、他キャリア向けに提供される予定

じぶん銀行のサービスは、auだけではなく、他キャリア向けに提供される予定です。

じぶん銀行の今後の展開

じぶん銀行の金利や細かな手数料は、開業までに別途案内される見込みで、現在詳細はわかっていません。2008年7月中旬のサービス開始時点で専用アプリやブラウザを通じて各種機能が利用できるようになり、ショッピングやオークションでの決済、Edyなどの電子マネーチャージが可能になります。 au 2008年の秋冬モデル au 携帯電話の2008年の秋冬モデルでは、メインメニューの1つに「じぶん銀行」のアイコンが用意されますので、トップ画面からダイレクトにアクセスできるようになります。また専用アプリがプリインストールされそう。この頃には、携帯から申し込めるカードローンサービス、携帯から利用できる証券・保険の仲介サービスなども提供されるよていです。 また、2009年春を目処に、外貨預金サービス、おサイフケータイ向けのクレジットカードサービスも提供される予定となっています。 auのユーザーには、楽しみなサービスとなりますが、これはiphonに乗り換えられるのを防ごうというauの企業努力なのかもしれませんね。

じぶん銀行を解説
じぶん銀行は2008年7月17日に開業した新たな形態の銀行に分類される銀行です。
携帯電話の特性を最大限活用した金融サービスを提供します。
本日のニュース
5月5日 17:32